ブログ

新築をお考えの方へ

住宅をお考えの方

興和アークビルドの片倉です。

 

今回は新築をするに当たっての事を書いてみたいと思います。

 

新築をするという事は、既に土地をお持ちの場合と、土地を新たに購入して建てる場合とがあると思います。どちらの場合にしても、新築を建てようと思い立ち、それを実行に移すという事は非常にパワーを使うものです。その使うパワーを少しでも軽くなるようにお手伝いをする事が我々の仕事となりますが、具体的にどんな事をしているのか?というと、意外とわからない事もあるのではと思います。

 

我々は設計施工をする建築業者ですから、設計して施工して建物を完成させる事が主な仕事となりますが、じゃあ設計って何でしょうか?施工って何でしょうか?

 

設計は建築士がおこない、建築基準法を元に各種法令を遵守して計画地に建築可能な建物図面を書く事ですが、その中にはお客様の要望を盛り込まないといけません。例えばリビングは何帖以上欲しい、個室は何部屋欲しい、収納は多目で光や風を取り込みたい等がその一例です。要望に関しては、お客様の数だけ種類があります。全ての要望を盛り込んだ建物を建てれることが一番ですが、法の制限・予算等も関わってきて、残念ながら難しいのが現実です。

 

ではその中でどうしていくのが良いのでしょうか。

 

我々がやるべき事は、実現可能な要望を出来る限り反映させ、要望が満たされない部分があったとしても、逆にお客様が思いもよらない感動ポイントを提案したり、不足を感じさせない空間構成であったり、使い勝手が非常に良い間取構成を考え提案する事等となります。その中で、ここぞという所にはデザインを施し、多少でも良い素材を提案したりする事も重要なところです。

 

間取や仕様が決まり、予算に合う事が確認できたら、今度は実際に施工を行っていくようになります。

 

我々は施工を行う建築業者となりますが、職人ではありません。建築業界の構造として、我々のような総合建設業と呼ばれる工務店・ゼネコンに対し、各種専門工事を行う職人達のサブコンがいます。我々はそのサブコンが行う工事を管理・監督し、間違いが無いか・仕上がりが良いか等をチェックしています。住宅に関わる工種は少なくても20種以上となりますので、様々な専門工事の職人と一緒になって建物を造り上げています。

 

我々が建てる建物は規格商品ではありません。

 

1棟1棟全てが違う、たった一つだけの注文住宅を実際に形にしていきます。規格が無いので、物理的・構造的に難しい物で無ければ大体のものが出来てしまいます。だからこそ今までの経験から良いもの・悪いものの判断をし、良いものを提案するようにしています。

 

こう書いておりますが、我々も建築業界という枠で見ていることがあり、お客様からふとした時に話しがあった事で、気づかされる事・勉強になる事も結構多いので、柔軟に色んな事を多角的に捉える必要があるんだなと日々勉強・研究すべきだなと感じています。

 

2018年2月23日