ブログ()

冬の家

冬の家

2018年11月18日

建築部の松田です。   冬の気配を感じる時期になってきました。 冬は、もっとも家が恋しくなる時期だと思っています。個人的に。 特に寒い夜、暖かい家に着いたときの安心感...

≫詳しくはこちら

課外授業

課外授業

2018年10月22日

建築部の村上です。先日、大田区にあるヤマト運輸株式会社の物流ターミナルの見学に行ってまいりました。 大きな敷地に建つ巨大な物流ターミナル。第一印象は『でかっ!』 年間18億個以上...

≫詳しくはこちら

上棟

上棟

2018年9月28日

建築部の村上です。 本日、注文建築の上棟を行いました。『手お越し』による建方(たてかた)となりました。 木造住宅の建方では、材料を上階に揚げる際や、柱・梁など組み立てる際にはレッカ...

≫詳しくはこちら

窓

2018年8月27日

建築部の松田です。   夏休みにリフレッシュさせて頂き、みなフル充電で仕事に取り組んでおります。   そろそろ八月が終わるとは思えない暑さで、毎日蒸し風呂の...

≫詳しくはこちら

思い出

思い出

2018年7月13日

あるエリアを仕事中通過すると、ふと思い出すことがあります。 目にするまでは大都会が(TVでは観てましたが…)イメージができませんでした。地方出身者の私が初めて東京に行った時、その圧倒的な...

≫詳しくはこちら

収納

収納

2018年6月8日

興和アークビルドの松田です。 先日、関東甲信地方の梅雨入りが発表されました。 パッとしないお天気が続きそうですが、 せめてお家の中はスッキリさせて気持ち良くすごしたいものです。 ...

≫詳しくはこちら

建物の面積・高さについて
住宅をお考えの方

建物の面積・高さについて

2018年5月10日

    興和アークビルド、建築部の李です。 4月末から大型連休でしたが、みなさまどのようにお過ごしでしたでしょうか?    ...

≫詳しくはこちら

スマートな家事動線
住宅をお考えの方

スマートな家事動線

2018年4月26日

興和アークビルド 建築部の松田奈緒子と申します。 産休・育休をいただいており、この4月より復帰させていただきました。 こちらのブログでは、主婦目線も交えて綴っていけたらと思っており...

≫詳しくはこちら

意匠設計について
住宅をお考えの方

意匠設計について

2018年3月24日

  興和アークビルド 建築部の李と申します。 もともとは神奈川県の工務店で住宅設計・現場監督などの業務を行っていたのですが、 縁あって今年の初めより、興和アークビルドで...

≫詳しくはこちら

建物と結露
住宅をお考えの方

建物と結露

2018年3月17日

興和アークビルドの片倉です。 本日は、建物の結露に関して書いてみたいと思います。   まず建物の結露には2パターンの発生状況が存在します。 室内の窓廻りなどで目に見え...

≫詳しくはこちら

メンテナンス
住宅をお考えの方

メンテナンス

2018年2月26日

現場監理の村上です。先日、20年程前に弊社で設計建築を行った住宅のアフターメンテナンスに伺ってきました。築20年と思えないような奇麗な外観を保持されていましたので、アフターメンテナンスの重要性...

≫詳しくはこちら

新築をお考えの方へ
住宅をお考えの方

新築をお考えの方へ

2018年2月23日

興和アークビルドの片倉です。   今回は新築をするに当たっての事を書いてみたいと思います。   新築をするという事は、既に土地をお持ちの場合と、土地...

≫詳しくはこちら

ご挨拶
ご挨拶

ご挨拶

2018年2月2日

興和アークビルド建築部 片倉と申します。 HPをリニューアルし、今まで無かったブログのページを設けましたので、 様々な情報や建物の話、逆に全然関係ない話など、発信していこうと考えて...

≫詳しくはこちら

マイホームは、お客様の一生の夢をかなえる事と言っても過言ではありません。(分譲住宅)
住宅をお考えの方

マイホームは、お客様の一生の夢をかなえる事と言っても過言ではありません。(分譲住宅)

2017年9月12日

街並と調和しながら個性も主張する、次世代に受け継がれる本物のライフステージの創造。それが、私たちのめざす分譲住宅のカタチです。 永く快適に暮らせる価値ある住宅をお届けするために、住まいづくりだけ...

≫詳しくはこちら

誇り高いオーナーシップを感じる邸宅(注文住宅)
住宅をお考えの方

誇り高いオーナーシップを感じる邸宅(注文住宅)

2017年8月28日

理想の邸宅とは、どう在るべきか…。この永遠のテーマを実現するために、お客様お一人お一人の声に耳を傾け、そのイメージを具現化し、理想の邸宅を創造してまいりたいと考えます。 憧れの場所に唯一の邸宅―...

≫詳しくはこちら